青汁を比較した結果!大麦若葉の人気の秘密は〇〇だった!?

青汁を比較した結果!大麦若葉の人気の秘密は〇〇だった!?

61view

2018.06.21

食物繊維が豊富

飲みすぎるとお腹がゆるくなることがあるので注意

大麦若葉の特徴として、他の青汁製品と比べて食物繊維が非常に豊富に含まれています。食物繊維が豊富に含まれているということは、便秘の改善に効果が期待できるということです。現在、病院に通院されていてお薬が効かないと悩んでいる人は、大麦若葉を試してみる価値があると考えられます。

ただし、いくら食物繊維が多く健康に良いからといって、過剰な摂取は禁物です。食物繊維が豊富なので、便秘の改善に効果が期待できるとご紹介しましたが、裏を返せば「お腹を壊しやすくなる」という事態に繋がります。適度な量を摂取すれば、便秘で悩むことも減っていくのでおすすめできると考えられます。

どれくらい飲んだら効き目が出るのか

おそらく、これから大麦若葉を飲もうとしているあなたが、一番気になることですよね。結論から言いますと、1日や2日飲んだだけでは効果は現れないと考えて良いでしょう。大麦若葉は「漢方薬の一種」ですので、長期間の服用が基本です。効果が体感できるのは、4ヶ月程度経過した頃と考えられます。なぜなら、人間の身体は一度不調になると、治りづらいからです。

たとえば、風邪薬がいい例なのですが、風邪は私たちにとって身近な病気だといえるでしょう。その風邪でさえ、風邪薬を飲み始めてから1日や2日程度では治りませんよね。最低でも1週間程度は、風邪が長引くと考えられます。通常の治療でもそのくらいの期間がかかるのに、漢方薬での短期治療は難しいといえるでしょう。

病院での処方薬と漢方薬の違い

ついでなので、病院での処方薬と漢方薬の違いについてご紹介します。処方薬と漢方薬の主な違いは、「症状を緩和する」か「根本から治していくか」の違いです。症状を緩和することができるのは、処方薬です。勘違いされている人も多いと思うのですが、処方薬は「病気を完治させるためのもの」ではなく、症状を緩和させるためのものです。

漢方薬は、「症状を表面的に治すのではなく、根本的に治療していきましょう」といった方針に則って処方されています。用途に合わせて、病院を変更してみても良いかもしれませんね。

血糖値を気にする人に良い

大麦若葉を服用するタイミング

大麦若葉は、血糖値を気にしている人や糖尿病を患っている人に効果があると期待されています。では、どのタイミングで使用すれば良いのでしょうか。結論は、健康食品としても扱われているので、いつ服用しても構わないとのことです。しかし、目的別で効果が変わってくるので注意が必要です。

ダイエット目的で摂取する時間帯

たとえば、ダイエット目的で摂取されるのなら、食前が好ましいといわれています。大麦若葉を食前に摂ると、食事で摂る糖分の吸収を抑えることができるためです。中性脂肪やコレステロールの吸収を抑えたい場合は、食後に摂るとよいでしょう。

野菜不足の改善

補助的に使うと良い

大麦若葉は、偏った食生活で野菜不足になりやすい人向けの健康食品だといえるでしょう。食物繊維で腸内環境を整えるだけでなく野菜不足まで補える青汁を、他に見かけることは少ないのではないでしょうか。だからといって、青汁だけ飲んでおけば良いかというと、そうゆうわけにもいきません。あくまでも、青汁などは補助的な役割なので、野菜ジュースと一緒に青汁を飲むなど併用したほうがいいと考えられます。

どんな野菜ジュースが良いのか

ここまでくると、野菜ジュースも相性の問題になってくると考えられます。現在ですと、様々なメーカーから野菜ジュースが市販されており、何の野菜がどのくらい含まれているのかなど、事細かに記載がされています。野菜ジュースにも、飲んだ時の感触がドロッとしているものや、サラサラしているものまで多岐に渡ります。

あなたが、「普段この野菜が嫌いだから食べられていない」といった野菜が含まれていたら飲んでみるのも一つの手ではないでしょうか。もし、その野菜がいろんなジュースに含まれていたら、「あなたが継続して飲めそうな野菜ジュース」を選択すべきです。

青汁と野菜ジュースを飲むときの注意点

青汁と野菜ジュースを併用して飲む。これだけ聞くと、非常に健康的な生活を送っていそうに見えますよね。実際に健康的なことに間違いはないのですが。しかし、いくら健康的だからといっても、飲み過ぎには注意が必要です。

たとえば大麦若葉を使った青汁を過剰摂取しすぎると、食物繊維が豊富に含まれているのでトイレが近くなり、出てこれなくなる可能性もあります。野菜ジュースを飲みすぎると、糖分が多く含まれているので糖尿病になるリスクが高まります。どんなサプリや飲み物でも、「適量が大事」だといえるでしょう。

匂いにクセがなく飲みやすい

全ての大麦若葉の製品が飲みやすいわけではない

青汁の中でも、大麦若葉は匂いにクセがなく飲みやすいことでも有名です。しかし、「無臭」というわけではないのでご注意ください。他の青汁と比較すると、匂いがマシというだけです。たとえば、大麦若葉のサプリメントだけでも豊富な種類があります。それぞれ、成分が異なっており目的別に販売されているので、あなたの用途に合わせて検討する必要があります。

もし、大麦若葉の青汁について聞きたいことがあったら、直接メーカーさんに確認してみても良いかもしれません。大麦若葉でも、どの青汁があなたに合っているか相談に乗ってくれますよ。

青汁を比較した結果

現在、さまざまな青汁が出ています。それぞれの青汁を比較した結果、「一長一短」だという結論に至りました。つまり、「この青汁は、誰が飲んでも身体の不安が解消される」なんて青汁は存在しないということです。飲みやすさと匂い、この2つから青汁を決めた方が良いかもしれません。

大事なことなので繰り返しになりますが、青汁は長期的に摂取していって初めて効果が感じられる商品です。青汁ごとにクセがあるので、あなたが「この青汁なら続けられる」と感じた青汁があれば、その青汁を飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

青汁を飲み続けるうえで大切なこと

一番大切なことは、もっとも臭みのない青汁を選ぶことではないでしょうか。なぜなら、辛い思いをして継続しようと思っても、続かないことが多いからです。元から飲みにくい印象の青汁ですから、どうせなら「臭みが少ない青汁」を選びたいですよね。

そこで、「臭みの少ない青汁」として有名な「大麦若葉」を選んでみてはいかがでしょうか。やはり、「飲み続ける」ことを目的とするのであれば、大麦若葉は外せない青汁候補に入ってきます。他の青汁よりも臭みが少ないのは、メーカー保証済みです。

自分に合う青汁を見つける方法

自分の身体に合っていて、なおかつ継続して飲み続けられる青汁をあなたは探しているはずです。そんなあなたにおすすめしたい方法があります。いくら、いろんなウェブサイトを除いたとしても「あなた自身の口と舌」で確かめたわけではありませんよね。

そこで、ぜひ大麦若葉を始めとした青汁から始めていき、「レビューの高い青汁を一通り飲んでみる」のはいかがでしょうか?もしかしたら、あなたに合う青汁が大麦若葉だけかもしれませんし、逆に大麦若葉が合わないかもしれません。むしろ、他の青汁製品を飲んでみたら、「大麦若葉の青汁よりこっちの方が飲みやすい」と感じることもあるかもしれません。

だから、まずはいろんな青汁を試してみましょう。もちろん、すべての青汁を試す必要はありません。青汁の比較サイトはたくさんあるので、そのサイトの中に記載されている評価が、5点満点中「4点以上」の製品に絞ってみましょう。ランキング形式で紹介されていたら、1位から3位までを買ってみても良いかもしれません。

ここでのポイントは、「1箱だけ買ってみる」ことです。おそらくですが、通販を含めて青汁は1袋の容量が決まっていて、それが何袋か入って1箱分の値段として発売されていることが多いです。そのため、バラ買いができないんですよね。まずは、大麦若葉の青汁から1箱お試しに買ってみてはいかがでしょうか?

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る